信長の野望onlineやインコや専業主婦の私生活をだらだらと書き綴るだけのblog。
入園しました


先日、息子がとうとう入園しました。

入園式から今日までの5日間は、慣らし保育と言うことで、初日は私も一緒にスクールバスで登下校。

二日目からは息子が一人で登校して、お昼前後に私が自転車でお迎え。

最近、プールも2歳半ということでベビークラスを卒業し、「ママが最近一緒に居てくれない!!」という不満が溜まっているのか、帰宅後は不機嫌だったり、ずーっとお膝の上に乗って、トイレに行こうにも「ママ!抱っこして!」と邪魔したり、家事をして居ても、常に脚にしがみついてたり。

幼稚園に行かせる前よりも疲れる…。

自転車でお迎えに行くのも、我が家が中心部で、幼稚園はそこから片道6キロ離れているので、結構大変。

家では最近、すごく反抗的で、ごめんなさいしない!と言われたりしているが、幼稚園ではすごくお利口らしく、「今日は自発的にトイレに行ったり、お友達の食べ終わった食器を片付けてくれたり、とても良い子でしたよ」とか言われても、誰それ?本当にうちの子のこと?状態。

毎朝、バスに乗せる時に「ママも!」と言われて断ると、すごく悲しそうな顔をして、胸が締め付けられる思いをするのだけれども、迎えに行くと、「ママ、バイバーイ、帰って?」とかひどいこと言われるし(笑)

でも、じゃあ帰りますって言うと、「ママ好きー!」と飛びついて来るけど。
文字通り、犬のように飛びついて来る。抱きついて来るとはまた違う感じ。

明日からは登下校スクールバスで、帰宅も夕方17時な上に、我が家は一番最後になるらしく、18時に我が家の隣の公園で待ち合わせ。

今のところ、別れ際にバスで1分ほど泣くだけで、幼稚園ではニコニコらしいけれど、明日から大丈夫かな?

私は、積んである本や、洋裁、人形作りと、模様替えを頑張ろうかな。なんて考えてます。
| 17:18 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
男が苦手
主人は出張が多く、そうでなくても夜遅い帰宅なので、息子は朝と休みの日しかパパに会わない。

そんな訳で、パパと遊ぶのは好きだし、休みの日は「ママ、あっち乗って?」とパパの自転車を指差し、私の自転車でパパとイチャイチャするものの、お風呂や一緒の布団で寝るのは、ちょっとイヤがる。

って言うか、「たまにはパパとねんねしよーよ?」って主人が誘っても「…やや」って断る。

いってらっしゃいのキスも、2回に1回は断る。むしろ、すごくもったいぶって、主人が「もういい!」って怒ったふりして玄関から出ようとすると「ちゅーしてよー!」と逆ギレする。

そんな訳で、男性と触れ合う機会の少ない息子は、知らない男性がすごく苦手だ。

父方祖父には、未だに抱っこさせたことがない私が「じいちゃんに抱っこしてもらったら?」と言っても、義父が「おいで」と言っても、モジモジしてえへへと笑ってごまかす。

母方祖父である私の父は、子煩悩タイプなので、泣いてる時に抱き上げて高い高いしたりするタイプなので、抱っこ出来るけれど、一緒にお風呂は断固拒否。

習い事も男性コーチを怖がり、偶然背後に男性が立っていようものなら、お前はゴルゴか?ってくらいイヤがる。

だが、しかし、インターナショナルスクールの担任も学園長も男性っていうか、保育士さんと会計士さんの二人しか女性がいない。

4/5から通園だけれど、大丈夫かなー?
| 12:16 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
個人差


個人差があること前提で、今朝知った事実。

若い頃は生理不順や、同級生の妊娠中絶の話を聞いてから、恋人が出来てからずっとピルを飲んでいた。

主人と婚約後、いついつ入籍しようねーという話をした日からピルを辞め、すぐに授かり、今日まで貼るカイロで温めていたらすぐ治る程度の軽めの生理痛しかなかった。

けれど、今朝の生理痛は若い頃に何度か保健室で唸っていたレベルの凄まじいものだった。

そして気付いた!

生理痛の方が陣痛より痛い!(生理痛が重い人限定かつ、心構えの違いもあり)と。

しばらくカイロで温めて、息子のお昼寝布団兼オムツ替えゾーンに転がって過ごしたけれど、「あのぉちょっとごめんね?ウンチでたのぉ」や、暇そうに見えたのか、「あのぉ…あっこちて?(抱っこして)」など、邪魔が入り、我慢の限界が来て薬を飲むも、なかなか効かず、寝室に逃げ込み悶絶。

時々「ママ?ねんね?」とか聞きに来る息子に、伝わるか分からないけれど、「お母さんポンポン痛い痛いなの。トーマス観ていいから、一人で良い子に出来る?」と言うと、「たいのとんでてー!たいたいとんでてー!(痛いの痛いの飛んでいけ)」と言いながらお腹を撫でてくれたり、息子のせいじゃないのに、「ママ、めんね?」と言いながら頭を撫でてくれたり、添い寝してくれたり…。

ああ!もう可愛い!けど、うるさ過ぎるわwww

って思ってるあいだに薬効いて、もう平気だけど、子供生まれるわけじゃないのに、これから閉経するまで何度かこんな苦しい思いをし続けないといけないのかなー?と思うと憂鬱だ。

あと、プライムビデオでトーマス無料期間終わったら、病気の時どうしよう?DVD買わなきゃかな…とか思った。

生理痛や悪阻って、個人差大きすぎて、未経験者のみならず、経験者同士でも辛さを分かち合うのが難しいから、異性や未経験者、過去を忘れた経験者にその辛さを理解してもらうことって大変なんだろうなぁ。

子供が居なければ、「いつ?まだ?」攻撃。

子供が一人でも「二人目は?」
そして少し太ろうものならば「お?二人目?」←うるせー!チネ!

悪阻で苦しんでれば「誰々は直前までどうのこうの、我慢が足りない!」

生理痛で医務室に行けば「あいつまたサボってる」←うるせー!本当に辛いんだよバーカ!

とか色々。

ちなみに私は生理痛は重め、悪阻は食べづわりでひたすら梅干ししゃぶってれば平気で、陣痛は軽めで超安産。産後のカテーテルとかの方が痛かったかも?レベル。

両親は二人目の事は何も言って来る事なく、むしろ私が「二人目欲しいような〜でも悩む」と言えば「もう私たち年だから、あまり手伝ってあげられないから、一人っ子がいいんじゃない?」って言うし、義父とはそういう話はしたことがない。

私の場合は、こういうのは逆に関係性の薄いところ?
義伯父とかから「そろそろ二人目考えてるの?」とか、子連れで行ったスーパーで「あらー!可愛いわね!」と話しかけて来た、全く知らないお婆さんとかから、「兄弟作ってあげないと、この子がかわいそうよぉ!きっといいお姉ちゃんになるわぁ!」とか言われる。

いいえ、息子なのでお姉ちゃんにはなれませんとか答えつつ、少しずつ後ずさりして、じゃ!っと自転車に乗り込んで逃げる。

最初のうちは、「(可愛いに対して)ありがとうございます。(二人目発言に対して)次を生む頃にはもう40代なので〜」とか答えて居たけれど、赤の他人にデリケートな話題を振って来る人間には高齢出産のことなんてどうでもいいらしく、暖簾に腕押しで引き下がってくれないので、負けず嫌いの私にはストレスなので、「はい!頑張ります!」って言って逃げる方が楽。

ちなみに息子は私に似て、眉毛が立派なので(私は整えてはいるけれど)、おおよそ女の子には見えないと思うのだが、なんでも真似したがる時期で、髪留めでポンパドールしたりしてるので、女の子だと思われている模様。
| 15:24 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
教育費とか
ついこのあいだまで赤ちゃんだった息子が、四月から保育園(幼稚園)に行くことに。



先日面接を済ませ、今週土曜に入園手続きを。
制服にお道具箱、楽器、テキスト、入学金やその他諸々で、大体16万。

月謝に給食費、延長保育(帰りのバスが夕方しかない為)、バス代で月9万円。

高い…と思うけれど、一人っ子だし、先生も厳しいけれどとても優しく、信頼出来る人達だし、見学中も「一緒に遊ぼう」って誘ってくれる子供達ばかりで、息子もすぐに溶け込んでくれたので、頑張って稼ごうと思う。

と、言っても私の手作り人形じゃ小銭ぐらいしか稼げないけど(笑)
| 14:43 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
MITSUBISHIエレベーター
先日、息子スイミング教室(体育の授業もあり、その日は体育でした。)に行った時のお話。

雨が降っていたので、いつもより早目に家を出た。

息子は「かた!かた!(傘)」とご機嫌で鼻息も荒く、抱っこをせがむ事も無く、お利口に教室のあるビルまで到着!

この時点で授業開始15分前だったかな?

雨に濡れ、外階段は危ないかなーと思いエレベーターに乗り込んで2階を押し、しばらくすると2階に到着、ドアが開きますとのアナウンス。

いつもなら、ここで少し揺れてゆっくりとドアが開くはずなのに、「ズズズズズズズズズズズズズズ」と不快な音と振動が。

エレベーターが停止すると「非常通話ボタンを押してオペレーターにお繋ぎください」的アナウンスが流れ、通話すると「15分お待ち下さい、係りの者が参ります」と言われる。

エレベーターに乗り込んでから30分ほど息子と歌を歌ったり、ハグしたり、じゃれ合っていると、外から細身のお兄ちゃんがドアをこじ開けてくれた。

が、床がなんか胸の高さにある!!
息子をお兄ちゃんに託して、一応お兄ちゃんを見つめると、困った顔で見つめ返してくる…まぁ、体重変わんなさそう…引き上げるのは無理だよね…。

腰程度の高さならまだしも、胸より高い位置に助走なしでよじ登るのは大変だった。

時間にしたら1分程度かも知れないけれど、普段使わない筋肉を使ったのか身体がポカポカに(笑)

特に具合が悪いとかも無かったので、2階で息子の習い事済ませて来ますと作業員に伝え、エレベーター横の階段に出たところで、「あれ?ここ何階なんだ?」となり、とりあえずエレベーターが停止した時に表示されていた階が3階になっていたので、教室の受付のある2階を目指して階段を下り、ドアを開けるも受付は見当たらず。

改めて階段を上っていくと地下1階と表示されていた。

つまり、一度二階まで上昇したエレベーターは地下までゆっくり落下したのか…。とビックリしつつも、繊細な心を持ち合わせていない私は気持ちが悪くなる事も無く、そのまま二階まで登り、受付を済ませ、三階で「遅刻しちゃいました〜」と授業を受けさせ、さて帰ろうかな〜と受付に。

「あ〜!お待ちしておりました〜!」と多分スイミング教室の支配人?店長さん?が待ち構えていて、気分悪くないかとか色々質問や謝罪を受け、そのあとはエレベーターのメンテナンス作業員から質問を受け、名刺を受け取り、帰宅。

そして気付いた。
連絡先は名前と電話番号しか聞かれなかったことに。

事故から数日経っても電話はないし、住所も聞かれていないので謝罪の手紙が届くわけもない。

まぁ、怪我したわけでも、気分悪くて病院にかかった訳でもないから、こんなもんなのかな?
てっきりこういう事故の時は、作業員じゃなくて、偉い人が改めて電話なりお手紙なりで謝罪や説明があるのかな?と思っていたので、戸惑う。
それとも、あの作業員が一番偉い人だったのか?わからん!

別に見舞いの品を持ってこいや!とかは思わないけど、せめて「事故の原因」くらいは報告して欲しかった。

当日は息子の心配だけで、自分が恐怖を感じる暇は無かったけれど、自宅のエレベーターも同じ会社だし、冷静になるとすごく怖いんだけど。

あと、外の声はなんとなく聴こえてきたんだけど、多分1階から乗り込もうとしてた人の「あれ?エレベーター動いてないね」って会話だけで、特に「誰か中にいるか?」って確認する声が聴こえてこなかったことも、今となっては怖い。

もし、非常通話ボタンも壊れていたら、誰にも気付かれず閉じ込められたままだったのかな?とか。
※圏外で電話も通じなかった。

でも、貰った名刺の連絡先に苦情を入れるのも面倒だし、謝罪や賠償目的のクレーマーと思われても嫌なんで、ここに愚痴って忘れようと思います。

あのエレベーターには二度と乗らないぞ。

とりあえず、事故の原因は気になるので、今日スイミングのコーチに聞いてみようかな。

そんな感じで、日本でもエレベーター事故はあるよ!みんなも気を付けてね!
| 10:11 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
anniversary


クリスマスとかお正月とか、37歳の誕生日とか、結婚記念日とか一気に来て、慌ただしい年末年始。



クリスマスは、なんか22日くらいに発作的にケーキ作って、勢いでフライドチキンも揚げちゃったので、前倒しで、我が家は真言宗なので、クリスマスにこだわる必要もないかな?と、当日は焼肉か何かを食べに行った記憶が…。

息子には乗り物図鑑を、主人には衣類を。

お正月は愛媛の主人の実家や親戚宅でお年玉乱舞(従姉妹、再従兄弟総勢10人)&焼き牡蠣パーティー。

先日の結婚記念日と誕生日は、香川県のレオマの森に宿泊して、レオマワールドで遊んで来ました。



主人が気を利かせてくれて、「マッサージ予約しておいたよ」と言うので、息子の寝間着を用意して、息子を託して、のんびりエステ受けて子育ての疲れを癒して、完全復活!!と言いたいところだけれど、「まぁま?あっこちて?(ママ、抱っこして)」連発で、一瞬で腕も腰も脚もパンパンに…。

しかもマッサージから戻った時点で23時なのに、普段帰宅が遅くて寝かし付けしたことのない主人には無理だったみたいで、元気いっぱいの息子に「まぁま!おかえり!」とお迎えされて、興奮しててなかなか寝てくれなかったので、結局大浴場は堪能出来ず…。



それでも、遊園地にプール遊びとご馳走に大喜びで笑顔の息子が見られて幸せな二日間でした。
| 20:38 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
そうだ!兄に会いに行こう!
福岡の兄宅へ、2週間ほど遊びに行ってきました(*´?`*)

甥っ子ののんちゃんが1歳4ヶ月で、あらたと遊べるようになったので、2人で楽しそうにイタズラして、大暴れ。



のんちゃんが、ベビーモデルみたいな可愛い坊やで、可愛い子が好きなあらたまん大興奮!

無理矢理抱きしめ、抱き上げようとして2人でひっくり返ったり、しっちゃかめっちゃか(?????)

叱り役のばあちゃんから逃げまくり、じいちゃんラブののんちゃんは、じいちゃん似の私にも懐いてくれて、いっぱい抱っこさせてくれて、私もニマニマ。

だが、それが悪かった?
あらたまん突然の幼児返り発症で、「抱っこ!」「まんまー!」と抱っこしないと泣いて騒いで、叱り役のばーちゃんに、「杏子、あんたがいると新ちゃんがグズるから、じーちゃんとばーちゃんで新ちゃんとお出掛けするから…」とハブられた(?????)



1年前にあった時は戦闘態勢だったじーちゃんとも、今回は仲良しこよし、代わりに手厳しいばーちゃんにビビってたけど、やっぱりばーちゃんが好きなあらたまん、帰宅後に「ばーちゃんは?」って、寂しがってた。



11月の三連休の間は主人も合流して、嬉野温泉でノンビリ。
カニ食べて、何故かバーベQして、なんかゴージャスなハンバーガー食べて、「俺、博多ラーメン食べてない!!」って騒ぐ主人を空港に一蘭あるからと宥めて送り返し、何故か高知に帰ってから、自宅でもつ鍋食べました(*´?`*)
| 22:39 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
高知競輪場


競馬場は年に1〜2回行くこともあるんだけれど、競輪場には行ったことが無かった。

初めて高知競馬場に行った時に、立派な公園があって、「えっ!競馬場って子供が遊ぶところあったの!?」と驚いたけれど、競輪場にもありました。

公園じゃなくて室内(ファミリースペース)だけど。

ストライダーとヘルメットの貸し出し、おままごとキッチン、裸足で走り回る広〜いスペース、図鑑や絵本、ぬりえ、ブロック、大きなぬいぐるみ。

全て無料。
お弁当を持っていけば、お食事出来るスペースもある!

と、スイミングスクールのお友達に教えて貰ったので、家から近いし、行ってみようかな〜?と。

息子をのせて、自転車でえっちらおっちら。

スマホのナビさんの示す最短距離で行こうとしたら

思い出のラブホテル街※を親子でチャリンコで練り歩くと言う、なんともシュールな旅の末、目的地に到着。

※宿泊した訳ではなく、出産した産婦人科でご褒美のフレンチディナーを食べながら夜景を…いや…ネオンが…。

あそこで戦った末に此処で出産した人も入院しているのだろうか?と夫婦でアホな会話をしたって言う思い出。

自転車置き場が二箇所あり、うっかり裏側の遠い方に自転車を停め、入り口までの長い道のりを散歩し、更に長い階段を登ろうとしたところで、息子から「まんまぁ?抱っこ!」と泣きつかれ、12キロ近い息子を抱えていざ出陣!と思ったら、競輪場を教えてくれたママ友と、そのキッズ英語塾の仲間のママとエンカウント!

良かったら3人×2で遊びましょーと誘っていただき、息子のオヤツまで分けて貰って、たっぷり4時間遊び倒してきました!

いや〜!初対面なのに全然人見知りせず懐いてくれた男児が可愛くて、つい飛行機だー!扇風機だー!グルグルグルー!とか叫びながら、3人のおチビさんをぶん回していたら、「この人は何してもオッケーな人だ!」と認識して頂き、途中からライダー系ゴッコみたいになって、ショッカー的なポジションとして、飛びかかられ足蹴にされ、幼稚園どこにします?的会話に夢中なママ友たちが、ハッと気付いた時には、背中にちびっ子が3人乗っかってお尻を叩かれてる状況に。

謝られたけど、すごくしあわせだった(笑)

4時間も遊んだのに、帰るよ〜と呼んでも全然来ないので、「じゃあ、ママ帰るね〜バイバーイ」と置いて行くふりをすると「ま!ままー!かーたん!やああああー!」と泣きながら駆け寄る息子。

なんて単純で可愛い奴なんだ!

そんなこんなで、帰りは少しだけ遠回りして、ホテル街を避けて帰宅。

お金もかからんし、近いし、安全だし、また来よう。

ちなみに貸切でした(笑)
| 17:53 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
女子会
台風の影響で、他県から来ると帰れなくなる可能性を考慮して、女子会は中止になってしまったよ。

残念だ。

とりあえず、雨が降る前に堀川をお散歩してみた!



ランチに行く予定で予約していたキッズカフェにも人数減りましたと連絡して、息子と2人で「ママとデートしよー」とお出掛け。



13センチの長靴がいつの間にか履けなくなっていたので買わなくっちゃ。

帰りに大丸で版画展観てたら、眠くなっちゃったみたいで、抱っこしてくれー!って泣かれて、片手で抱いて、荷物も持って、傘もさしてとハードモードになったけれど、喜んでくれたし、キャンセルせずに行って良かった!

帰宅後はミドリフグのゴマちゃん(胡麻豆腐)とハチノジフグのはっちゃん(八兵衛)の水合わせをして、90センチ水槽を汽水水槽にチェンジ!

あまり深く考えずに衝動的にやってしまったので、水草と流木はベランダでバケツ飼育になってしまった。



しかし、淡水魚や海水魚と違って、水草も珊瑚も設置出来ないから、メチャクチャ殺伐とした水槽になってしまったなぁ。

まぁ、次の転勤で引っ越しでもしたら2つに分けて、はっちゃんはフィギュアいっぱい入れてメルヘン水槽にして、ゴマちゃんは成魚になったら、海水水槽にして珊瑚でもまた飼育しようかな。

フィルターとか入ってた箱はいつも通り息子の箱入り息子ゴッコに使われておりましたとさ。



おしまい
| 16:34 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |
2歳の誕生日
うーん、なんかお腹がぐぐぐっとなるなー?と思っていたらスポポポーンした息子も、早2歳です。

今年も七五三とか、第一次反抗期(イヤイヤ期)とか色々あるみたいです。

まぁ、男の子なので、お参りはともかく前撮り?は3歳(2歳)だけでいいかな?って思ってますけど。

イヤイヤ期は既に始まっていて、着替えや食事を手伝おうとすると「ひとりでできるもん!手出し無用!」と手を払われます。

先ほど、パンツ(下着ではない)はもうひとりで脱ぎ着出来るぞ!と4回も見せつけられましたし。

着脱よりもオシッコのタイミングを教えて欲しい!トイレひとりで出来るようになって欲しい!と思いつつも、それなりに感動して動画で撮影しましたけど。
よく考えたら着脱出来ないとトイレ出来ないですね。

ひとっつも言うことは聞きませんが、上手く誘導出来るとスポーツクラブでも率先してお片付けやカリキュラムをこなしてくれます。

気分が乗らない時は、それこそ、保護者用のソファーでデデーンと踏ん反り返ってたりしますけど。



誕生日当日は主人が仕事だったので、前日にケーキとプレゼントでお祝いし、当日はプレゼントのストライダー?でお出掛け…するつもりは無かったのだけれど、玄関前で「ストライダーで出かけたい!」と親子ゲンカの末、折れました。

本人すごく満足気で、私は中腰でサポートで汗と筋肉痛で辛かったけれど、そんなに喜んでくれるなら、買って良かったなぁと。



2歳ってことで、焼肉も解禁しました。
今まではビビンバ食べてましたが、キッチンバサミで焼いた肉をチョキチョキしてあげると、食べる!食べる!

高い肉ばかり食べる!大好きだったウィンナーは残す!残す!
特上ハラミが好きらしい。流石私の子!ホルモン系が好きかぁ!

そんな感じで9月はお泊まり女子会、10月〜11月は福岡(兄貴ん家)と佐賀(嬉野温泉)に行くつもりだす。
| 00:00 | うさ子の育児日記 | comments(0) | - |